· 

臨月直前の妊婦さんの治療。

先日、臨月直前の妊婦さんの治療をさせて頂きました。

 

 

症状としては

 

骨盤周りの痛みを中心に、腰痛、背部痛、肩こり、恥骨痛、足の裏の痛み…などなど。

 

 

妊娠7か月くらいから徐々に症状悪化してきたそうです。

 

 

どうもビックベイビーのようで、私が見てもお腹が大きく膨らみが下がってきているな~と感じました。

 

 

 

この方、妊娠前は肩こりってなに?という程の健康体だったそう。

 

妊娠後期に入って諸々の症状が強くなることは多いです。

 

特に恥骨痛などは妊婦さん以外では体験する方は少ないのではないでしょうか。

 

 

 

ではなぜ妊婦さんはそのような症状が出てきてしまうのか!

 

 

 

解説してみましょう。

 

 

 

体重の増加と重心の変化

 

まずシンプルに体重が増える負担がかかります。

と同時に、赤ちゃんが大きくなるにつれてお腹が重くなるので腰が反るような重心になります。

それにより、背骨やそれらを支える筋肉に過度な負担がかかります。

リラキシンによって関節が柔らかくなる。

 

妊娠中はリラキシンというホルモンの分泌が増えます。

赤ちゃんが入っている「骨盤」は仙骨、寛骨、尾骨で構成されているのですが

本来、骨盤はめちゃくちゃ強固な靭帯などで固定されていて、ちょっとやそっとじゃ動きません。

でも赤ちゃんがいざ産道を通るには関節が緩まる必要があるわけで…

その際に、リラキシン作用が必須になるのです。(他にも子宮収縮を抑えるなどの役割もあります)

 

つまり、リラキシン作用で関節が緩んでいるところに赤ちゃんはどんどん重くなるので

恥骨痛が発生してしまうのです。

 

よく、「帝王切開は骨盤歪まないんですか?」と聞かれることがありますが

『妊娠中から関節の緩みと重さを受けているので、帝王切開だから歪まないということはないですよ(^^)』

と、お答えしています。

 

その他、筋力低下や生活様式などの原因ももちろんあると思いますが

 

妊婦さん特有事項と考えると上記2点が大きいと思います。

 

 

 

この方の今回の施術は

 

 

筋肉のケア、歪みの修正、血流改善をメインに行いました。

 

 

元気な体で元気なお子さんを産んでほしいですね(o^―^o)

 

 

このように妊娠中の身体というのは、そうでない時に比べて異なる点が多いです。

 

それゆえに

 

 

 

 

この痛みをどうしたらいいのか分からない…

 

産婦人科の先生に相談しても「出産までの我慢だから」と言われる…

 

 

 

 

というお悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

我慢我慢は辛いです。その痛み、ケア出来ますよ(^^)

 

 

 

 

 

 

とは言いつつも

 

 

 

わたくし男性ですので

 

 

知識だけで、妊娠という体験を共有することは出来ませんが…

 

 

 

専門家として精一杯お手伝いさせて頂きます。

 

 

 

 

 

いつでもご相談お待ちしております(^^)

 

 

 

 

 

 

 あ、それと今回の患者さんの旦那さん

 

 

 

辛いときはマッサージしてくれるそうです。

 

 

 

素晴らしいですね✨

 

 

感動です( ;∀;)

 

 

 

 

 

 

 

 

それではまた!