自転車屋さんに行って思ったこと

自転車のタイヤの空気が少なくなっていたので自転車屋さんに行ってきました。

 

いつもは自宅の空気入れで入れていたのですが、出先だったので。

 

 

私『すいませーん。自転車に空気入れたいんですけど~。』

 

 

お店の方「はいはいー!」

 

 

と、手慣れた手つきで自転車をみてくれました。

 

すると

 

 

お店の方「……あー、これ。ゴムがダメになってますね。」

 

 

私『なんとっΣ(゚Д゚)』

 

 

なんでも、空気を入れるところのゴムが老朽化してしまっているとのこと。

 

(確かに最近空気抜けるの早かったかも……)

と思い当たる節もあり、すぐ交換して頂きました。

 

 

良かった良かった(o^―^o)

 

 

 

 

と…いうエピソードです。

 

 

 

 

そこで私が感じたのは

 

 

 

 

『あ、これ人の身体も一緒だな。』

 

 

 

 

ということです。

 

私は今まで、ゴムが老朽化しているという根本的な原因を放置して

 

 

とりあえず自宅の空気入れでその場しのぎをしていました。

(本人はその場しのぎの自覚はない)

 

ただその間もゴムの老朽化は進んでいくわけで…

 

 

もし今日自転車屋さんに行ってなかったら

 

 

もっと重大な問題に進行していたかもしれません。

 

 

自転車屋さんありがとうございます( ;∀;)

 

 

 

 

人の身体も、表面的な痛みや症状だけでなく

 

 

 

 

なぜそのような症状がでるのか?

 

 

 

 

という根本的なところに目を向けなければいけないです。

 

 

 

 

ゴムなら取り換えればいいですが

 

 

あなたの身体は取り換えのきかない唯一無二のものですから。

 

 

 

 

 

大事に向き合っていきましょう(^^)

 

 

 

 

 

 

そんな事を考えた今日この頃でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

それではまた!