· 

"痛み"をとってはいけない。

今回は、”痛み”をとってはいけない。というお話です。

 

 

 

痛みをとるはずの治療院にあるまじき発言…

 

 

 

というわけではなく、ちゃんと理由があります(^_^;)

 

 

 

 

まず、”痛み”とは何なのか。

 

 

皆さん”痛み”は大嫌いですよね。私も嫌いです。

 

 

でも、”痛み”がなければどうなってしまうのか?

 

 

 

例えば、背中に何か大きなケガをして大量に出血してしまったとします。

 

見えないし痛くないのでほっときます。

 

 

 

……出血多量で重篤な状態になっちゃいますよね(-_-;)

 

 

 

言いたいことはそういうことです。

 

 

 

つまり”痛み”は

 

 

 

身体に問題が起きてますよー!ほっとかないで何か対処してくださいよー!

 

 

 

というサインです。

 

 

火事が起きればサイレンが鳴るし

 

地震などでも警報が鳴りますよね。

 

身体は”痛み”で警報を鳴らしているんです。

 

 

 

なので

 

 

 

”痛み”が出た時は

 

その”原因”としっかり向き合ってみましょう。

 

もしくは専門家に相談しましょう。

 

 

 

”原因”と向き合わずに、とりあえず痛み止め!という行為は

 

火事が収まってないのにサイレンを強制停止するようなもんです。

 

 

 

 

とるべきは

 

”痛み”ではなく

 

 

痛みを出している”原因”です。

 

 

 

そんなお話しでした。

 

 

 

 

 

 

 

それではまた!