· 

猫背は背中を鍛えるな。

こんばんは。

 

今日のブログは

 

”猫背は背中を鍛えるな”

 

です。

 

 

 

先日来院した患者さん

 

 

ジム通いを継続されてる方で、トレーニング内容をうかがっても

 

フリーウエイトで身体の連動も意識されていて

 

とても素晴らしいと思いました(^^)

 

 

なんでもジムに入会した初期に、トレーナーさんに付いてもらって

 

フォームの確認やプランをしっかり立ててもらったそうです。

 

 

 

その方の骨格、姿勢のチェックをさせていただいて一番気になったのが

 

いわゆる猫背で、特に巻き肩が強いと感じました。

 

ジムでしっかりと背中のトレーニングもされてるのにです。

 

 

 

それはなぜか?

 

 

 

それを説明するには

 

 

 

”背中”とひとくくりに考えず”パーツ分け”して考える必要があります。

 

 

 

その方の背中の種目としては

 

ラットプルダウン・ベントオーバーローイングがメインでした。

 

これは背中を鍛える種目の中でも”広背筋”に効かす種目です。

(どの筋肉に効かすかはちょっとした加減で変わりますが、フォーム確認したところ広背筋メインでした)

※右の広背筋(青い部分)

 

広背筋の作用は、肩関節の内転、伸展、内旋

 

この”内旋”という作用は、巻き肩を助長してしまいます。

 

 

つまり

 

 

猫背を治そうと一生懸命背中を鍛えていたのが

 

逆に猫背を悪化させている可能性もあるわけです。

 

※この方のジムの目的は猫背改善ではないので、トレーニングプランが的外れというわけではありません。念のため。

 

 

 

 

 

目的に対してなかなか思ったような効果が出ない方

 

 

むしろ悪化してしまったような気がする…という方

 

 

もしかしたら

 

 

 

もう一歩深く考え直してみるのもいいかもしれません(^^)

 

 

 

 

 

 

今日はそんなお話しでした。

 

 

 

 

 

 

それではまた!