· 

ぽっこりお腹にも骨格調整!

本日来院された患者さん

 

痛みなどは特に感じていないが、ポッコリお腹が気になる……

 

と、いう訴え。

 

 

お話しを伺うと、

 

 

日頃からストレッチや体幹トレーニングなども行っているし、姿勢も気にしている。

決して体重も過度ではないのに、お腹がポッコリしているとのこと。

 

 

確かに、決して見た目も太めではありませんし

 

お腹だけ皮下脂肪がすごくある…というわけでもありませんでした。

 

 

 

ではなぜポッコリお腹になってしまうのか?

 

 

 

検査してみました(^^)

 

まずこちらの姿勢写真

写真だけではよく分かりませんが触診したところ、骨盤の前への傾きが強いです。

 

 

その他、股関節の伸展方向の固さ・腹筋群の弱化・立位偏平足などなど…

 

 

要約すると、骨盤前傾させる筋肉が固く伸張性が悪くなり

 

後傾させる筋肉が弱化してうまく使えていない状態。

 

 

おそらく普段気を抜いている時はもっと腰が前方移動してるんじゃないかな~と予想。

 

 

施術はシンプルに

 

前傾させる筋肉を緩めて、後傾させる筋肉をエクササイズ!

 

術後の姿勢写真

並べるとこんな感じ。

骨盤の傾きが改善され、重心にも変化が出ました。

 

ここからさらにお腹のインナーマッスルが促通されれば

 

なおGOODだと思います(^^)b

 

 

もちろん今日の施術だけでは必ず戻るので

 

自分でのチェックの仕方、ホームエクササイズを指導させて頂きました。

 

 

身体にしっかりと落とし込むまで継続して頑張りましょう(^^)/

 

今日紹介したエクササイズの内容はまたいつかアップしたいと思います。

 

 

 

それともうひとつ

 

 

 

先ほどの術前の写真

 

「そんなにお腹ポッコリしてないよ~」

 

と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

もちろん感じ方に個人差はありますが

 

横から見て胸部よりも腹部が前に出ていると、ポッコリお腹の印象が強くなります。

 

そして腰や骨盤が前方移動していると、さらにポッコリ感が強くなります。

 

 

世にポッコリお腹で悩まれている方は決して少なくないと思いますが

 

 

全ての方が、脂肪がそうさせているわけではないと思います。

 

 

なかなかお腹がへこまないあなた。

夏に向けて一生懸命ボディメイクしたけど効果がみえないあなた。

有酸素運動してるし食事も管理してるのに~……というあなた。

 

 

原因は脂肪ではなく骨格、姿勢かもしれませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

それではまた!